アイフルのカードローンの契約に必要な書類

アイフルの店舗や自動契約機でカードローンの契約を申込む時には本人証明書類や、場合によってはその他の書類が必要になるため、必ず事前に確認して持参しなければなりません。

 

なお、インターネットからの申込においても、 書類をFAXなどで送る必要があります。

 

 

 

●本人証明書類の提示

 

アイフルにおいては、本人証明書類として「運転免許証」、「健康保険証」、「パスポート」の中からどれか1つの提示を求めています。

 

ただし、運転免許証を所持している人の場合は必ず、運転免許証を提示しなければなりません。

 

その理由は、貸金業法によって運転免許証の所持者からは運転免許証の提示を受けることが消費者金融に義務化されているからです。

 

そして、運転免許証の個人情報が信用情報機関に登録されることになります。

 

従って、運転免許証を所持しているのに他の証明書類を提示すると、カードローンの利用を拒否されることがあります。

 

 

 

なお、運転免許証が要求されるのは、運転免許証は住所や名前などが変わっても番号が変更されないため、本人を特定する上で一番確実性が高いからです。

 

 

 

●借入金額が高額である場合の必要書類

 

アイフルからの借入額が50万円を超える場合、若しくは、他社のカードローンの借入金を合計すると100万円を超える借入になる場合は、収入を証明する書類の提出が必要になります。

 

収入証明書類としては、「源泉徴収票」や「給与支払明細書」、「確定申告書」などがあります。

 

 

 

●利用限度額

 

借入金が高額になった場合に収入証明書を提出するのは、貸金業法による総量規制が敷かれていることもあります。

 

総量規制によって利用者の年収の3分の1までしか貸出ができないため、収入証明書の提出を受けることで、利用者に対する法定制限を超える貸出を防止しています。

 


このページの先頭へ戻る