カードローンの損をしない返済方法

カードローンの利用が身近になってきましたが、返済方法についての知識はまだ未熟な利用者が多いようです。

 

カードローンの返済額は月々○千円などという触れ込みを信じているようでは、まだまだカードローンを使いこなしているとは言えません。

 

そこで、カードローンの返済方法について詳しく説明していきます。損をしない利用と返済を身に付けてください。

 

カードローンの返済方法は大きく分けて二通りあります。

 

一つは約定返済と呼ばれるもので、多くのカードローン会社がこの返済方法を採用しています。約定返済とは毎月決められた日に一定額を返済していく方法で、決められた日を約定日と呼びます。

 

もう一つは随時返済と呼ばれる方法です。随時返済とは、約定返済をしつつまとまったお金ができたら返済に充てていく方法です。

 

約定返済は、利用者にとっては毎月一定額の返済なので負担が少ないこと、カードローン会社にとっては経営が安定するというメリットがあります。お互いにメリットがあるので最も採用されている返済方法になっています。

 

しかし、この返済方法のみで返済していくと返済が長引いてしまうことになります。長引くということは、それだけ多くの金利を支払っているということです。約定返済とは、もっと身近な言葉にするならリボルビング払いなのです。

 

リボルビング払いは完済しにくい返済方法です。しかし、随時返済を合わせてることによって返済期間を短縮すれば、便利な返済方法になります。

 

随時返済は一括払い、あるいは繰り上げ返済に当たる返済方法ですから、まとまったお金ができたらできる範囲で返済していくことをお勧めします。

 

できる限り早く完済できる道を考える

 

カードローンの返済方法は約定返済が基本になっています。しかし、月々の返済額の低さに惑わされたまま支払い続けるようでは、賢く利用しているとは言えません。

 

目に見える金額を闇雲に信じたりせず、もっと早く完済できる方法はないかどうかを常に考え、上手に利用していきましょう。

 


このページの先頭へ戻る