カードローン返済に行き詰まりを感じたらすぐに相談を!

カードローンの返済に行き詰まりを感じたら、正直に担当者に相談をしましょう。

 

人それぞれ行き詰まりを感じる時は違いますので、状況によって対処の方法も違ってくるでしょう。

 

例えば、今月分の返済ができない場合で見てみましょう。

 

この場合は、来月からしか返済できない旨を正直に担当者に連絡しましょう。そうすれば相談にのってくれますし、返済期日変更の提案をしてくれる場合があります。

 

但し、延滞金がついてしまっても良いのであればの話ですが。こういった相談をする時の注意すべき点は、金融会社や銀行に対して決して嘘をついてはいけないという点があります。

 

何と言っても、お金のやりとりは信用が第一です。信用がなくなると色々大変な目にあってしまうことでしょう。

 

返済の行き詰まりを感じたらどうすればいい?

 

連絡を怠ったり、連絡を無視したりなんてことはしてはなりません。もしそんなことをしてしまうと、勤務先や保証人といった様々な所へ連絡がいって、色々な人に迷惑をかけるだけでなく、自分自身も大変な事になってしまいます。

 

コレ以外にも、カードの復活をしたいと思った時にも、かなり時間がかかってしまったりと、不都合が出てくるでしょう。それだけ、信用は大切だという事です。

 

さて話を戻しまして、具体的に返済の行き詰まりを感じた時の話ですが、初めに述べた場合だけでは済まない場合も見ておきましょう。

 

返済がもし今月分だけでなく、その先も見通しが立たなくなってしまった時です。そういった人の場合、特に複数のローンがある人の場合は、おまとめローンや借り換えを利用して、一括返済できるローンを組んだりするのが有効な手段となりましょう。

 

これは金融会社や銀行によって条件が違ってきますので、よくよく調べる必要があります。通常これらのシステムならば、金利を今よりも低くできるはずなので、返済の総額も少し減らす事ができるでしょう。

 

返済の負担を軽くしたいなら乗り換え

 

このように返済の負担を軽くしたい時には、返済だけの為の乗り換えをするのが賢明な手段なのです。返済のみのローンであれば、返済以外にまたお金を借りてしまうといった無駄な事をしなくて済むわけです。

 

かつ返済のみなので、低金利で済むのが魅力ですね。とにかく、もし返済に行き詰まりを感じるような事があったならば、まずは担当者に正直に相談するのが一番です。

 

そして、今置かれている状況をしっかり把握して、以降の返済プランを考えましょう。


このページの先頭へ戻る