カードローンの返済に遅れそうなときには?

カードローンはとても便利な存在ですが、借りたお金はきちんと返すというのが当たり前です。

 

借りやすいからといってついつい借りすぎてしまい、どうしても返済できないという場合もあると思います。

 

そんなことにならないように、きちんと返済計画を立てることが大切なのですが、もし返済できそうもない場合にはどうしたらいいのでしょうか。

 

まずは返済に間に合わないことがわかったら、すぐにカードローン会社の方に連絡を入れましょう。

 

何も言わずにいきなり返済が遅れてしまう場合よりも、多少はカードローン会社の印象がよくなります。とりあえずはすぐに催促されるということもないでしょう。

 

しかし、事前連絡をしても返済できなかったという事実は変わりませんので、その記録はずっと後々まで残って、今後のキャッシングに影響を与える可能性は否定できません。

 

また返済が滞っている間には、そのカードローンは利用できなくなります。

 

返済が遅延してしまった場合はどうなる?

 

当然ですが、返済が遅れている人間に追加でお金を貸すというのは大きなリスクになります。

 

きちんと返済をすれば再び利用できるようになりますが、どれぐらいの期間カードローンが利用できなくなるのかも確認しておくといいでしょう。

 

カードローン会社は消費者金融系と銀行系がありますが、どちらかというと消費者金融系の方が柔軟な対応をしてくれる傾向があるようです。

 

必ずというわけではありませんが、消費者金融系のカードローンであれば事前に連絡することによって支払日を変更してもらえる可能性もあります。

 

ちなみに借金を返済できないと、家に押しかけてきて取り立てされるのではないかと心配する人もいますが、現在ではそのような行為は制限されています。

 

カードローン会社としても、営業停止や貸金業登録の取り消しなどのリスクがありますので、それほど過激な取り立てはできなくなりました。

 

だからといって返済しなくても平気というわけではありませんし、自分が借りたお金はきちんと約束通り自分で返済するように心がけてください。


このページの先頭へ戻る