借り入れの返済ができなかったら

借り入れの返済方法を、自動引き落としで設定をしていたものの残高が足りなくて引き落としされなかったり、返済日を忘れていたなどで返済ができなかった場合、どのような事が考えられるのでしょうか。

 

返済日に入金の確認が出来ないと、後日、未払い分の通知書やはがきが送付されてきます。

 

消費者金融会社によっては、携帯電話に直接連絡が入る事もありますが、借り入れ先が大手である場合は電話などによる催促はあまりないと考えても大丈夫でしょう。

 

借り入れの返済を滞納してしまうと、信用情報機関に記録が残ります。この記録を事故情報と呼びますが、事故情報は返済の遅延だけではなくカードローン会社とのトラブルなども含みます。

 

事故情報は、一度起きてしまうと5〜10年程度は記録となって残るため、極力避けるべき出来事です。

 

1度でも返済の遅延をしてしまうとブラックリストに載る?

 

しかし、数度の遅延の場合は事情などを汲んでくれるカードローン会社も多いのでそれほど心配する必要もないでしょう。

 

よく、ブラックリストという名前を聞きますが、ブラックリストには返済が3ヶ月以上滞った場合などに載りますので、上記程度のケースでは載る事はないでしょう。

 

とは言え、遅延を繰り返す事は自ら信用を失う行為であり、最悪の場合借り入れが一切できなくなってしまいますので、止めましょう。

 

遅延損害金について

 

借り入れの返済を起こした時は、遅延損害金というものが発生します。

 

銀行も消費者金融会社も大体のところが一律20%となっていますが、三菱東京UFJ銀行カードローン、オリックス銀行カードローンは借り入れ時の利率により遅延損害金の利率も変動します。

 

三菱東京UFJ銀行カードローンであれば、もっとも高い金利で借り入れていた場合でも遅延損害利率は14.6%となるため、他に比べて遅延損害金が安くなります。

 

返済が遅れるということはそもそも起きてはならないことなのですが、返済が遅れてしまう突発的な出来事までを想定するのはとても難しい事ですので、そういう意味では三菱東京UFJ銀行カードローンであれば万が一の遅延損害金も安く抑えられてよいと思います。


このページの先頭へ戻る