カードローンの返済に「時効」がある?真偽を大追跡

実は、カードローンの返済には時効があることを、皆さんはご存知ですか?

 

カードローンの提供者は主に銀行、消費者金融ですが、こういったところから借入した場合、時効は5年と定められています。債権者(お金を貸した側)が5年間権利を行使せずに放置していると、債権が消滅するのです。

 

従って、債務者(お金を借りた側)の返済義務がなくなります。しかし、そもそも債権者が5年間も何の取立てもせず放置しているわけがありませんから、とても非現実的な話ではありますね。

 

時効が認められる場合と認められない場合

 

それに、カードローンの返済には、時効が認められる場合と認められない場合があるのです。

 

まず、上でも述べたように債権者がその権利を5年間行使しない状態が続いた場合は、時効が認められます。例えば、カードローンを借りて返済をしていた消費者金融が廃業・倒産し、何の連絡もなかったとします。

 

こういった状態で5年経過した場合、時効が認められるので返済しなくても良くなります、が…こういったケースは本当に稀で、実際に時効になった例はほとんどないでしょう。

 

時効は成立しないパターンが多い

 

たとえ倒産だとしても、少しでも貸し出し残高があるなら必ず連絡がきますし、そもそも5年間に至るまで一切何の連絡もないわけがありません。

 

逆に、時効が認められないという例は数多くあります。5年間継続して債権者が権利を行使しなかった場合、時効が成立しますが、債権者が内容証明を送り、6ヶ月以内に裁判で訴訟を起こすと、「権利を行使した」とみなされ、時効は無効となります。

 

さらに、給料の差し押さえが行われたり、約5年分の延滞損害金を加えた返済額を一括で返済するよう請求されます。はっきり言ってとんでもないことになるのです。

 

5年たてば時効。その知識だけを当てにして返済をサボっていても、相手はプロの業者。踏み倒しなど、許されるわけがありません。債権者は内容証明を作成し、5年間のうちでかならず、時効になる前に行ってくることでしょう。

 

結論から言うと、時効なんて狙っていないで、きちんと返済計画を立てた上でカードローンを利用しましょう。


このページの先頭へ戻る