カードローンの返済期間はどのくらい必要か?

借入れを行えば、どれくらい返済期間がかかるのか、気になるところだと思います。

 

当然のことながらその期間は借り入れた金額そのものや、返済方法によって大きく異なってきますので、おおよそにもこのくらいということはできません。けれども確実にいえることは、返済期間を短くするほうが、金利を抑えられるということです。

 

金利は借入れ期間が延びれば延びるだけ増えていってしまいます。借りたらすぐに返すように心がけることで、金利は安くできます。カードローン会社のなかには一定期間のあいだ無利息で借入れができるというサービスを提供していることがあります。

 

期間は業者によって1週間や1ヶ月など異なってきますが、このサービスを利用すれば、その期間内に返済すれば借り入れた金額だけを返済すればよいので、とても効率的といえます。また、一括で返済を行えれば低金利で契約できる場合もあります。

 

リボ払いでの返済方法

 

カードローンの支払い方法などでよく耳にされることも多い、リボ払い、リボルビング払いという方法は、毎月決められた一定額を返済していく方法です。この方法では、借入れ金額が少ない場合には返済期間も短いので金利は相対的に安くできます。

 

しかし、借入れ金額が多く、それでいて月々の返済額を低くという設定にしていると、返済期間は当然、長くなっていきます。そうなると月々の元金分の返済額は少なくなり、支払う金利が逆に多くなるということになってしまうので、注意しておきましょう。

 

このリボ払いでも、残高スライド方式という残高に合わせて返済額を決めるという方式があり、この方法であれば普通のリボ払いより返済期間は短く出来、また金利も安く抑えられるので都合が良いといえます。

 

そもそも設定されている金利というものは、返済期間に応じて変動するものです。すぐに返してもらえるなら利息は低く抑えましょう、長く掛かるなら利息は多めに貰いますよ、という商売上の鉄則です。そのあたりはきちんと考えた上で、カードローンを利用するようにしましょう。

返済する際の要注意

 

特にひとつ注意しておきたいことは、返済を遅らせることはないように心がけるということです。借り入れているローン会社に対しても、そして将来に借入れを行う場合にも、大きなデメリットしか生じえません。

 

返済の遅れが数日であったり延滞分をすぐに支払ったりすればそう後を引くほどの事態にはなりませんが、少しの延滞でも数を繰り返していけば信頼を低くする結果になってしまう可能性はあります。

 

あくまで返済はきっちりと期日までに行うようにしましょう。


このページの先頭へ戻る